ホーム >>私たちがどのようにの時計読本
私たちがどのようにの時計読本

日本の書店で置かれている様々な時計と関係の雑誌は、もちろんこれらの雑誌は有料の、多くの時計ファンこの時計雑誌注文したい。これらの雑誌だけ注目ブランド瑞表だけでなく、多くの欧米の日のファッションブランド、甚だしきに至ってはまた中国ブランドカモメ。これによって思い出し景気低迷の十数年の日本はなぜそんなに多くの消費者が喜んで購入時計ですか?

 

実は私は毎月発見表ファン購入表のに対して、研究の時計スタイル、流行や業界の動向がない、これも彼らの楽しさ、趣味がある。多くのファンにとって普通表彼らの財布には十分なお金を購入する人を引き付けるデザインは様々だが、彼らが十分なお金を数冊買っ時計雑誌、精読内容はひっくり返ってファッションデザイン、そして考えどうと表迷友橋渡し。間違いなくて、この過程の中で浸るは楽しみ。

 

日本雑誌の特徴は四半期ごとにはいくつかの特集:春と腕時計常識特集;初夏はバーゼル表展特集で、夏はスポーツモデル(潜水表)アルバム;冬はいくつかのブランドの歴史のアルバム。一年を計算して下りてきて、業界の常識を理解し、読者業界の動向。これらの時計読本の多くは多彩な高清の中心を分かりやすくのエントリレベルの内容。また補佐に更に多元より広い知識として有機結合時雑誌のスポットライト。



前ページ: 宇輸入時計活動の現場で、筆者は真っ先に見て満足する
次ページ: 深センの時計展期間MIYOTAブースの前に行われた「時計エピソード」講演活動