ホーム >>いわゆる「ブランド」の正体
いわゆる「ブランド」の正体

上海のような大都市で、例えばオメガ(Omega)というウインド・ベーンブランド、独自の旗艦店の数量はもうとディーラー店に達した五五分分廷抗争の勢い。直面する「ブランド」と「ディーラー」のゲームの局の日に日に一触即発のトレンド、李忠「高いブランド、ブランドをスキップする傾向があるのディーラー;で必要量の低い走るブランドが面に浸透して中国広い市場に頼らない、ディーラー仕上げるのは難しい。」

 

「大半の腕時計ブランドの私が二種類あって、工場の概念のブランド、著名ブランドの伝承、それの供給の市場需要で決まる、それの生産量は一定の。もう一つはブランドのコンセプトは、毎年、市場の需要によって調達生産。」李忠解析消費者に人気の「ブランド」の実質。「1家のブランドや工場が独大、すべての製品は市場の需要を満足する違う生、一部のイメージを重んじ、利益、サービス、経営の理念は異なって、いい成否。」

 

中国の消費者は推賞の「時計ヘッジ切り上げ説」、李忠その分析、「一枚の腕時計の価値、それは当時の小売価格は、あるいはあるブランド、どの工場制作によって――たとえばひとつのSwatch単価が低いが、オークション市場に獲得できるの高い価格。特定期、あるモデルの腕時計、独特の市場の需要によって切り上げ。」



前ページ: スイスマーケティングや製品を両手で調整措置対応市場
次ページ: は「変化」は、「衝撃」