ホーム >>店長推薦文章、自動機械式時計巻き常識
店長推薦文章、自動機械式時計巻き常識

何の「自動」のものは無条件で、機械的なものを守るのは当然原理、腕時計も同じ、「自動」の前提はあなたが自分の腕を先に、物理学の原理によって仕事をし、物体水平移動ないしぐさ(君が加速度を振り動かすので、腕を移動させることができない時計巻き。最もさせることができる腕時計自動巻きの方式は自動陀の平面に沿って、腕の上で振り動かすとき、陀の回転最大が、若陀の軸に沿って振り動かす、自動陀も向けない。人々は自然に腕を振る動作、いかなる力を軸に分解できるのとラジアル、ただ作用に自動陀の半径方向の力にして勉強する。今自動巻き形も分単と相互に、いわゆる片側巻きは、自動陀だけ朝ある方向に向けて、才能を巻き、双方向回転方向の分も巻き、今は双方向巻きの自動時計が多い。

 

私は感じて、ときに腕に仰向けの時、自動陀の回転が話題振っとき大。だって、自動陀を変えられる位置や状態で振られた時、時には自動陀位置変化と反映と腕を振り動かすのリズム。自動時計も自動巻き効率、設計と構造問題さえ、自動陀の重量の時計の間には違いがあり、現在巻き効率で最高のはいわゆる「ラチェットラチェット」の構造、しかもその位置の変化にも比較的に敏感で、このタイプは動構造上絃の効率は普通よりほか高い30以上の構造。

ポリ気風友情ヒント:人は自動の機械表は手動の精密機械表時もできないと石英のよりも、あなたが毎日早起きで時計の絃が回転する上に30圏を保持し、腕時計の運動エネルギーは十分で、これで腕時計の時間的な精度保証。



前ページ: 腕時計、コピー腕時計、主に装着手首にのカウントダウンの道具で
次ページ: 衝突と転んで転んで、時計に対して何の影響がある