ホーム >>スーパーコピー時計通販パテック フィリップノーチラス 5711/1A
スーパーコピー時計通販パテック フィリップノーチラス 5711/1A

1970年代はスイス時計業界にとって受難の時期だった。1969年末に登場したクォーツ式腕時計が時計界を席巻し、スイスの名門メーカーは軒並み大打撃を受けた。操業停止や海外資本への売却、あるいは機械式からクォーツへの転向……。時計のデザインも、薄型、近未来的なフォルムで画一化・陳腐化への道をたどっていた。そんななかで、76年に「ノーチラス」は誕生した。

このモデルの画期性はなにより、世界最高峰の時計ブランドであるパテック フィリップが、SSケースのスポーツモデルを製造したという点にあった。貴金属ケースをまとったドレス系、あるいは複雑系モデルこそ、同社を代表する時計のイメージだ。だが、「ノーチラス」はその既成概念を軽々と破ってみせた。船窓をモチーフとする八角ベゼルを装備しており、パテック フィリップとしては異例の大型ケースを採用。ストライプ装飾を彫り込んだ文字盤からは、カジュアル性も見て取れる。一方でケースは薄く、上品なイメージも併せ持つ。スイス製腕時計の低迷期である70年代に切り開かれた、ラグジュアリースポーツを代表するモデルである。

 

ケース構造も独創的で、ベゼルはガスケットを挟んでケースに圧着させ、ケースサイドとベゼルサイドの張り出し部分を組み合わせてネジ留めにしている。そして、現代にいたるまでマイナーチェンジを繰り返し、ムーンフェイズ搭載機やクロノグラフもリリースされるほどラインナップは多彩に。シースルーバックからは美麗なゴールド製ローターを装備した定番ムーブメント「Cal.315 SC」がその姿をのぞかせている。今や「ノーチラス」はパテック フィリップに欠くことのできないモデルのひとつに数え上げられるほどになった。それだけデザインに普遍性が備わっていたという証拠であり、時代を超える名機と言えるのだ。http://www.ikebukuro777.com/goods/kind_81_1.html

2017スーパーコピー時計N品、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: オーデマ ピゲロイヤルオーク オフショア サバイバー クロノグラフ
次ページ: 情熱のチュードル、完璧Heritage Chronoブルー腕時計