ホーム >>数ばかりが勝負ではない、テーマにもとづいた訴求
数ばかりが勝負ではない、テーマにもとづいた訴求

気軽さ、そしてバラエティ豊かなスーパーコピー商品を選ぶ楽しみ。これこそがスウォッチの醍醐味だ。しかそのバラエティにおいてもきちんとした精査は必要と、メイガー氏はつづける。

「バラエティ豊かであればこそ、デザインのよいものにフォーカスするべき。数にこだわるのではなく分かりやすい見せ方が必要です。これまでは数多くあるプロダクトラインを中心に商品構成を行っていましたが、じつは2004年からファッションテーマにもとづいた訴求へと変えているんです。テーマを絞ることは、結果的には強い訴求へとつながりますから。ミラノのデザイン室ではかなりたくさんのアイディアが出されますが、それもかなりの数を吟味しているんです。プロダクトの訴求力が強くあればこそ、成功へ導ける――実際の数字にもそれは顕著に現れています」



前ページ: 彫刻芸術の透かし彫りの腕時計、腕時計コレクター最愛
次ページ: スーパーコピー時計オリジナルへの回帰、プラスティックのテーマ