ホーム >>スーパーコピー時計オリジナルへの回帰、プラスティックのテーマ
スーパーコピー時計オリジナルへの回帰、プラスティックのテーマ

そして今年は、ブランドのルーツを築いたプラスティックのモデルを強化する予定だ。
「プラスティックモデルの新作はここ2年ほど控えていたのですが、昨年はブランド設立25周年だったということもあり、ルーツにもどった商品を出したいと思っています。私たちのあいだでもプラスティックの時計は“オリジナル”と呼ばれているほど大切な存在。ファッションブランドなど競合他社はたくさんありますが、私達は通り過ぎていく流行だけを追いかけようとは思っていません。最初の製作姿勢に立ちもどることで、スウォッチというブランドを改めて知っていただければと考えています」

 

スウォッチはスウォッチであるべき。メイガー氏は他社の製作姿勢とは、つねに明確な線引きを行う。
「はじめてスウォッチの時計が世に出たとき、それはとても衝撃的なことだったと思うんです。時計というものは一生身に着けるものを選ぶべきと考られていた時代に、時計は1年間単位で楽しむもの、そして何本も、という新しいコンセプトが生まれたのですから。

 

実際の展開商品数は精査したうえで100を減らしても、まだ300ほどの数があります。それに私たちのテーマはファッションはもちろんですが、アートやスポーツにいたるまでじつに幅広い。このブランドで働くにはいろいろなことにチャレンジする、ポップな考え方ももっていないといけないんですよ(笑)」。メイガー氏は最後にそう微笑んだ。

 

URL: http://www.ikebukuro777.com/ スーパーコピー時計通販です。弊店のブランド時計コピーは品質2年保証でご注文から5日でお届け致します。高級腕時計スーパーコピーはこちらへwww.Ikebukuro777.Com。お問合せはTEL: 03-5050‐6949 オキサキ様

 


 

2017スーパーコピー時計N品、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: 数ばかりが勝負ではない、テーマにもとづいた訴求
次ページ: 初のラウンドウォッチはダイバーズ向けトゥールビヨン・クロノグラフ