ホーム >>初のラウンドウォッチはダイバーズ向けトゥールビヨン・クロノグラフ
初のラウンドウォッチはダイバーズ向けトゥールビヨン・クロノグラフ

リシャール・ミルの新作「RM025 トゥールビヨン・クロノグラフ・ダイバーズウォッチ」が発表された。まず一見すると、これまでのリシャール・ミルのイメージとは異なるラウンドケースが目を惹く。大きく様変わりしたこのラウンドケースこそ、じつはダイバーズウォッチのISO規準たる300メートル防水を果たすための形であり、リシャール・ミルならではの実用性を誇るさまざまな工夫が施されているものだ。

 

ダイナミックな3重構造のケースには、グレード5のチタニウムを使用したトルクネジが用いられている。そのひとつひとつに最適の張力をかけることでケースの外周が圧力で均等に密閉され、より防水性を高めることに成功した。またケース同様に24個のネジで結合された3層構造のベゼルも逆回転を防ぐしくみで、ベゼルのシステム全体がケースにねじ込められているのでゆるみも生じず、非常に安定している。コラムホイールやレバーなどのパーツもこの時計のために新開発されたもので、クロノグラフ針の針飛びが解消されるなど使用感もよい。

 

「深海」をテーマとしたダイバーズウォッチに、トゥールビヨンとクロノグラフという複雑な機構を収めるため、開発にはおよそ5年の月日が費やされたという。リシャール・ミルならではのアイディアと工夫が個性的な形を生んだ、新たなる意欲作だ。



前ページ: スーパーコピー時計オリジナルへの回帰、プラスティックのテーマ
次ページ: 蕾蒙威腕時計特有の色、てもかっこいい