ホーム >>グラスヒュッテ・オリジナル|スポーツ・エボリューション・クロノグラフ
グラスヒュッテ・オリジナル|スポーツ・エボリューション・クロノグラフ

グラスヒュッテ・オリジナルといえば、ドレッシーなデザインに本格機械式ムーブメントを搭載する、ドイツ生粋のエリート・マニュクチュールというイメージがある。それは確かに間違っていないが、2005年に発表された「スポーツ・エボリューション・クロノグラフ」は、そんな同社に対する見方を、もう少し奥行きあるものに変えてくれる好モデルといえるだろう。

 

サテン仕上げを基調とするマッシブなステンレスケースは、直径42mm×厚さ14.5mmで、10気圧防水のハードスペックを誇る。ブラックのアルミリングを配したべゼルには、スピード計測には欠かせない、タキメーター・スケールも装備。文字盤には、夜光を塗り付けたバーインデックスを装備し、極太の植字式メタルインデックスとともに、最高の視認性を確保してくれる。

 

そして、クロノグラフの計測結果を表示するカウンターは、9時位置に30分積算計、6時位置に6時間積算計という、さすがはムーブメントを自社製造するマニュファクチュールらしい、個性的なレイアウトを採用している。2つのカウンターは、シルバーの枠に囲まれて、3時位置のスモールセコンドとテンションを変えることで、メリハリのあるデザインを展開。

 

内蔵するのは、グラスヒュッテ・オリジナルに脈々と受け継がれる代表機のひとつである「キャリバー39」ベースのクロノグラフ・ムーブメント。比較的コスパに優れた量産ムーブメントであるが、スワンネック型の緩急針や、グラスヒュッテ・ストライプの入った4分の3プレートなど、ドイツブランドのアイデンティティはしっかり踏まえられている。



前ページ: プルミエ・リアンぬくもりを灯すウェディングリングを胸もとに
次ページ: スーパーコピー時計グラスヒュッテ・オリジナル|セネタ・シックスティーズ