ホーム >>スーパーコピー時計グラスヒュッテ・オリジナル|セネタ・シックスティーズ
スーパーコピー時計グラスヒュッテ・オリジナル|セネタ・シックスティーズ

2007年に発表された「セネタ・シックスティーズ」は、プレスをはじめとする業界関係者に非常に高い評価をもって受け入れられたモデルである。当初は、3針タイプのみの展開だったが、翌年にはクロノグラフを、そして2009年にはスクエア・クロノグラフをと、着実にコレクションを増やしつつある。

 

ここでは、まず3針モデルを紹介しよう。“シックスティーズ”という名称からもわかる通りのヴィンテージライクなデザインが特徴で、実際に機械式時計が黄金期を迎えていた60年代へのオマージュモデルという見方もできるだろう。周囲に向かってカーブを描いたボンベ形状のダイヤルは、何ともいえない温かみを感じさせるディテールのひとつで、それに合わせて秒針の先端もわずかに曲げられている。そして、風防には高品質なサファイアクリスタルを使用するが、この非常に硬度の高い素材に対して、わざわざカーブをつけてドーム状に形成することで、アンティークテイストにさらに拍車をかけている。

 

また、裏蓋のシースルーバックにも、ローターの形状に合わせたドーム型のサファイアクリスタルを使用。これにより時計をサイドから見たとき、実際の厚みよりもスマートな印象を与える効果がある。ムーブメントは「キャリバー39-52」であり、スワンネック緩急針や4分の3プレート、さらには21金のウェイト付きスケルトンローターを装備。おもての風情ある顔つきに対して、裏からも機械式時計スーパーコピーの醍醐味がめいっぱい堪能できるという贅沢な仕様なのである。

 

なお、文字盤の色味は、シルバーとブラックの2色。それぞれにSSケースと、18KRGケースがラインナップしており、基本4型の展開となる。ストラップの素材はアリゲーターのみのだが、大きな丸紋を浮かべた独特なシボ感が、これまた60年代テイストをたっぷりと堪能させてくれる。



前ページ: グラスヒュッテ・オリジナル|スポーツ・エボリューション・クロノグラフ
次ページ: ブルガリ腕時計日常保養