ホーム >>詳しく紹介してオーデマピゲコピー腕時計の修理保証条件
詳しく紹介してオーデマピゲコピー腕時計の修理保証条件

いち、保存してください購入表証憑、保証書等の書類をしないで、自分でケースや電池の後を効果的にするため、完璧なアフターサービスで、もし保養証憑拭くや加筆され、販売会社保証サービスを提供する表拒否する権利を保留して。
2、パッケージ内の制品の使用によるメンテナンス、保証期にはベルト、表の外観の正常磨耗、触ることはありません。
3、オーデマピゲコピー腕時計が温度の高いあるいはきわめて低い環境にさらされることを暴露して、時計の冠無鎖がないなど状況、容易に湿気の滲入のテーブルの内に甚だしきに至って、適当でない操作はすべて製品の保証の範囲内に属しません。

4、非ライセンスのメンテナンスポイントは製品のスタート、改装による製品の故障はいずれも本保証範囲内にない。
5、製品ライセンスのメンテナンス単位でのメンテナンスや交換、メンテナンスの下の部品を授権単位に帰する。
ろく、売った後は、様々な原因のガラスが割れ打撲傷、ケース、後は多少の傷、アイゆがみなどの場合、一般属使用問題ないので、修理保証の範囲が、非使うようなフェイススケールが平均しないで、どうしても、振られ目情ケース非対称など状況は、所属製造欠陥、保証、保换。



前ページ: 店長の土曜日の腕時計推薦、早く手に入れて!
次ページ: 購買ガイド、モンブラン新しいブティック上陸香港