ホーム >>時計スーパーコピー小ぶりになって、程よい存在感を発揮
時計スーパーコピー小ぶりになって、程よい存在感を発揮

ブヘラのモデルはオーバー40mmの大型モデルが主流であり、ブランドのアイコンであるスクエアなクッションケースモデル「パトラビ エボテック」も例外ではなかった。


だが、日本サイドから「より小型のモデルを」という要望によって、ついにアンダー40mmモデルが登場。この「パトラビ エボテック ビッグデイト」は11時位置に2枚のディスクで日付を表示するビッグデイト以外の機能を絞り込み、コンパクト化を図っている。


存在感のあるデザインはそのまま、日本人の体格にあった縦38.54×横39.25mmを採用。比較的細い腕の人が着用しても自然なサイズを実現した。


2008年に発表した世界初の全周型ローターを持つ自社製ムーブメントはそのまま、ちょうどよいサイズという点でも選択しやすいモデルとなった。


特に文字盤、ベゼル、リューズ、ストラップをブルーとした仕様は、さわやかでカジュアル。流行色でもあり、大きな人気を呼びそうだ。日本では、4月25日より発売中。世界に先駆けての販売となった。



前ページ: スーパーコピー時計世界にさきがけて日本で新作を先行販売
次ページ: 時計ブランド「ミナセ」創立10周年記念限定モデル