ホーム >>独創的なシースルーケースが技術力を象徴
独創的なシースルーケースが技術力を象徴

国産時計スーパーコピーブランド「ミナセ」は工具メーカーとして創業した協和精工が、2005年に創立した。50年の歴史のなかで、ドリル製造や金属切削の高いノウハウを有していた同社は、時計メーカーからの依頼により、次第に時計ケース製造を手がけるようになっていった。さらに理想の時計作りを実現するために工房を秋田県湯沢市皆瀬(みなせ)へ移転、工房の地名にちなみ「ミナセ」を立ち上げた。

 

クラフトマンシップに支えられるミナセの時計作りは、早くから多くの時計ファンから支持されていった。独創的なケース構造、鍛造されたケース表面を美しく仕上げるためのザラツ研磨など、そのハイレベルな技術は、常に注目されるところである。2015年は、そんなミナセの創設10周年の大きな節目である。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: 時計ブランド「ミナセ」創立10周年記念限定モデル
次ページ: スーパーコピーヨットの舷窓をイメージしたデザインが印象的