ホーム >>日本初「独立時計師の世界展」を松屋銀座で開催
日本初「独立時計師の世界展」を松屋銀座で開催

1985年にスイスで設立された独立時計師アカデミー(Académie Horlogère Des Créateurs Indépendants 略称AHCI)は、どのメーカーにも属さずに創作活動する独立時計師たちの組織だ。過去には、オメガのコーアクシャル脱進機の発明者として知られる故ジョージ・ダニエルズ氏、世界的な時計ブランド名としても有名なフランク・ミュラー氏などが名を連ねた。現在、浅岡肇氏と菊野昌宏氏のふたりの日本人もメンバーとなっている。


このAHCIの設立30周年を記念し、松屋銀座では、7月10日(金)〜7月14日(火)まで独立時計師のイベントを開催する。


8階イベントスクエア「独立時計師の世界展」では、機械式複雑時計と制作プロセスを4Kスーパーハイビジョン映像で紹介。菊野昌宏氏の新作や設計図、部品、アントワーヌ・プレジウソ氏の2015年新作が出品され、菊野、プレジウソ両氏の来場を予定している。


7階特別室「独立時計師の世界展開催記念 特別受注販売会」では、「バーゼルワールド2015」で発表された8人の独立時計師(以下)の新作を展示。要望があれば、希望するカスタマイズモデルを発注することも可能。そのほか腕時計専門誌「クロノス日本版」主筆広田雅将氏によるトークショー(7/10、11時、16時の2回)、浅岡肇氏、菊野昌宏氏ふたりの日本人時計師とスイスから来日予定の独立時計師との交流(7/10〜7/12の3日間)など、盛りだくさんの内容だ。


受注販売を予定している独立時計師は、スヴェン・アンデルセン氏、ミキ・エレタ氏(本人来場)、ポール・ゲルバー氏、アニセト・ヒメネス・ピタ氏(本人来場)、クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ氏、ルドビック・バロア氏(本人来場)、マーク・ジェニー氏、浅岡肇氏(本人来場)。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: 休日の時計を推薦し、ロレックス(Rolex)靑の「稲妻針」
次ページ: ツェッペリン飛行船の型番を冠したクロノグラフが登場