ホーム >>ブライトリング:ナビタイマー アオパ(AOPA)【バーゼルワールド2015新作腕時計】
ブライトリング:ナビタイマー アオパ(AOPA)【バーゼルワールド2015新作腕時計】

ブライトリングで初めて円形回転計算尺を搭載して1942年に登場したクロノマットは、ブライトリングが腕時計作りにおいて独自のアイデンティティーを確立するきっかけとなり、商業的にも大きな成功を収めました。


それまで航空機用のコクピットクロックの生産で成果を上げていたブライトリングが、パイロットの為に特化した時計を作り始めたのは、ごく自然な流れのようにも思えますが、クロノマットをパイロットウォッチとしてアレンジするように要請したのは、AOPA (Aircraft Owners and Pilots Association) であった、との説もあります。


ただ、現存する1952年から1960年代の前半くらいまでに生産されたと思われるナビタイマーのほぼ全てにAOPAのマークが入っており、AOPA公認の腕時計として、世界中のパイロット達をサポートしていたことだけは確かと言えるでしょう。



前ページ: ブライトリング:トランスオーシャン クロノグラフ 1915【
次ページ: ブライトリング:クロノライナー【バーゼルワールド2015新作腕時計】