ホーム >>ISSEY MIYAKEウォッチプロジェクトが10周年
ISSEY MIYAKEウォッチプロジェクトが10周年

ISSEY MIYAKEウォッチプロジェクトは2001年よりスタート。ISSEY MIYAKEの総合ディレクションのもと、山中俊治、ハッリ・コスキネン、深澤直人や吉岡徳仁などデザイン界を代表するキーパーソンたちとコラボレーションをし、身に着けるアートピースとして数々の名作を生み出してきた。


その10周年記念となる今回は、三宅一生のもとデザインを学び、世界的に活躍するインテリア・プロダクトデザイナーである吉岡徳仁との2度目のコラボレーションでISSEY MIYAKE 「O」を製作した。


フランス語で水を意味する単語「eau」の語感より名付けられた「O」は、その名のとおり、水のように形がないものを時計で表現したもの。眼鏡やサングラスなどで用いられるグリルアミドという透明な超弾性プラスティック素材を使用したケースに、裏側から鏡面仕上げの金属製の時計がはめ込まれ、極限まで無駄を排除。「水のかたち。透明な時を刻む時計。」というコンセプトに沿った作品となっている。


超弾力のあるプラスティック素材を使っているので、直接腕に付けることはもちろん、ウェアの上からはめることも可能。それぞれのファッションスタイルに合わせた幅広い楽しみ方ができるリストウォッチだ。

 

 



前ページ: 創造の根源を探るアートイベントが7月に開催!
次ページ: 世界で最も過酷な砂漠地帯からインスパイアされた