ホーム >>スーパーコピー時計注目は日本人の腕にピッタリのGMTモデル
スーパーコピー時計注目は日本人の腕にピッタリのGMTモデル

グラハムの代名詞はなんといっても、パイロットや爆撃手がグローブを着けたままでも操作できるようにする独得のレバー機構がついた、分厚く大きなクロノグラフ「クロノファイター」。例年さまざまな趣向のバリエーションが登場しているが、今年は第二次世界大戦で活躍し“空飛ぶ要塞(フライング・フォートレス)”の名で怖れられた大型高速爆撃機B17をモチーフにした、マット加工のブラックカラー文字盤の精悍なモデルが登場した。


しかし今回OPNENERS読者にご紹介したいのは、前述した「メルセデスGP タイムゾーン」とサイズや基本機能をおなじくするGMT機構つきの新作「シルバーストーン・タイムゾーン」。グラハムの腕時計といえば“大型で分厚いクロノグラフ”がすべてだったが、このモデルはおそらくはじめてとなる、薄型で着けやすいGMTウォッチ。ひと目でグラハムとわかる個性的なルックスを備えながら40万円弱という、これまでにない価格も大きな魅力。これまで「グラハムはほしかったが、大きくて重い腕時計はちょっと……」と敬遠していた方に、ぜひお薦めしたい。

2017スーパーコピー時計N品、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: ズシリと分厚い従来モデルとは一線を画す 薄型のGMTモデルが登場
次ページ: いまもっとも気になるスポーツウォッチブランドスーパーコピー時計