ホーム >>各種バンド解体テクニック、収蔵に値する文章
各種バンド解体テクニック、収蔵に値する文章

1、パネライコピーバンドボタンのあの截(短い持って環をしましたその截)はずっと腕時計の上方(腕時計を見るときは、表を右に。バンドは人のベルトで、取り付け方位は規定の。

2、金属バンド。時計が広げて時、バンドのアルファベットや割引にしなければならない文字盤が一緻して、もしを逆さまにして、それはバンド装反した。あなたは親指を開いて表に、蝶結びのしかないかどうか見て標識と文字盤は順の。バンドが逆になって、閉鎖的には一定でない。

3、バンド割引のバンド、サイドは多くの穴が、バンドの長さを調節することができます。インデントバンドのときは、注意して表を調整節(インデントをすべきではないと)どのバンドによる閉鎖インデント軸面。この時計はレバレッジ力を形成し、バンドを開けやすく、時計をなくしやすい。

4、メタルバンドで卸去バンド節の時には、最高の偶数のに行って、しなければならない表バックルの左右均等卸去。このように保証できるボタンは表に、装着が快適で、特に手首が細いさんが、バンド節の時に更にこの問題に注意すること。

5、空芯バンドと節のピンは、一般的に「ヘアピン」。緩みやすい飛び出すと、実芯バンド一般用着て接続栓やねじ釘バンド節、長い時間が飛び出すかもしれないので、必ず定期検査。針状のものでそれを外に押して、もし、ツイ栓钉出てきて、それはもう和らいだ。露出の兆しが見えたらすぐにメンテナンスに行きます。ある時計特別愛この問題について、7~8年ごとにみんなを提案し、ケースに着替えて栓、そのものが安い。ねじ栓の一番いいときには、その堅固なことを保証する。



前ページ: 金属腕時計バンドは、ポイント、脇坂店長、紹介
次ページ: 時には最も正確な時計、ムーブメントに関係、また個人的な習慣