ホーム >>オーデマピゲブランド、続投バーゼル芸術展グローバルパートナー
オーデマピゲブランド、続投バーゼル芸術展グローバルパートナー

近日、スイス高級時計ブランドオーデマピゲ(Audemars Piguet)で発表し続けるとバーゼル芸術展(アートBasel)の協力のパートナー関係、協力計画世界屈指の芸術博覧会、全力で普及の優秀な現代及び現代芸術作品。としてバーゼル芸術展のグローバル連名スポンサーを通じ、オーデマピゲバーゼル芸術展バーゼル、マイアミや香港での三大の展示会は、多大なご支援を続けるこのイベント。この年の提携関係を続けて表現双方は現代と現代芸術の発展の承諾、そしてオーデマピゲ強力に広める好プレーと革新の理念の強い意思。過去3年余り、バーゼル芸術展はすでにオーデマピゲ現代芸術の世界に足を踏み入れるプラットフォームは、2015年ろく月生むオーデマピゲ年度芸術品注文計画。

自2013年以来、オーデマピゲでバーゼル芸術展の世界三大巡回展示現場発売唯一無二のコレクターお母概念、デザイナーや芸術家の才能を発揮する招待創作、見せオーデマピゲ発祥地――スイス汝汝拉山脈穀の景1物。2013年には、フランスデザイナー塞巴斯汀·阿マユリサンス(Sebastien Agneesens)設計のコレクター接客庁でイギリスカメラマンダン・霍兹ワース(Dan Holdsworth)の撮影では独特の作品。2014年のバーゼル芸術展香港駅の現場では、フランストップデザイナーマシュー・雷汉ニール(Mathieu Lehanneur)が新しい「Mineral Lab」ブースの神秘的な、ブルガリコピーと融合しオーストリア映像アーティスト科・亨斯カラット奇(Kurt Hentschläger)の愛のために特別に設計のパノラマ映画の彼方。2015年、オーデマピゲ発売道緑豊かで覆われ、苔の生態の壁や、滯在ジュネーヴのフランスアーティストアレクサンダー・乔利(Alexandre Joly)設計の新しいカスタム声装置。

バーゼルと芸術展の協力で、オーデマピゲ打ち出したシリーズがまぶしいアートプロジェクトや装置。2013年マイアミ駅の間、オーデマピゲと世界的に有名な贝浩登画廊(Galerie Perrotin)と協力し、展示1部はフランスペア芸術グラム勒庫茲(Kolkoz)設計の大変動膨脹式「好奇心小屋」(Curiosity)。2014年のマイアミ駅、オーデマピゲと靑い波に博物館(Peabody Essexミュージアム)と協力して、双方の協力の展示泰欧・ヤンセン(Theo Jansen)設計の動力「ビーチバイオニクス獣」(Strandbeest)、泰欧・ヤンセン利用風力をマイアミ海灘バイオニクス獣に沿って歩いて、空前の大ヒット。



前ページ: Bell & Ross腕時計、F 1チーム協力ルノー
次ページ: パネライ「歴史と伝奇」展は台北101で盛大に開幕