ホーム >>バセロンコンスタンチン時計:二百年の万裏の遥来
バセロンコンスタンチン時計:二百年の万裏の遥来

今回バセロンコンスタンチン(Vacheron Constantin)骨董表時計展の展示品の計84枚、展示物全てから、ジュネーヴのバセロンコンスタンチン博物館のコレクションと同ブランドは史上最大規模のアンティーク時計展も、2年間に中国国内で行われた最大規模と最高の規格の時計の展示。

1755年才気あふれる靑年時計匠Jean-Marc Vacheronで自分の曲ジュネーヴ創立間時計スタジオにして、1人のとても成功の独立時計匠--ロフト職人。今回の展示品の中に一枚の表は1755年、ブランドの創始者の作った曲を枚懐中時計の銀制複型どおり。この復刻時計は2001年に製造されて製造して製造して2001年に製造して。展示品の中で本当で最古の一枚は1790年に生産のAlcove-watch、パネライコピー配黒オリーブ木で作られたファッションマルタクロスフレーム、文字盤に骨が3つの白いエナメル副文字盤。

今回の表展で最も親切な人感はこれらの長老級の骨董品ではなく、じゅうご枚はじゅうく世紀初めの製造の濃い中国スタイルの精巧で美しい時計。それらは中国元素を霊感デザインで、当時の中国皇族の特製。これらの構造の精巧な時計を反映し、当時の中国清朝皇室外国との交際使節は贈り物をすると審美センスでの相互の影響。例えば一枚製造は1848年のエナメル懐中時計は黄金で作られ、飾りがエナメル図案、ケースの週りのリボン、ベゼルとペンダント均はめいっぱい半の真珠、白いエナメル文字盤についじゅうにのローマ数字。一方、座制が1860年のマイクロ時計、925銀で作られ、靑い背景に飾りでの七宝焼花や鳥の図案、白いエナメル文字盤についじゅうにのアラビア数字。私達は知っていて、清は中国七宝のピークは、康熙時代から中国の七宝と西洋のエナメル技術いい融合。じゅうご件で中国と関係の展示品の中で、エナメルと七宝焼装飾の表が多数。さらにわたしたちはまだ見えじゅうく世紀末の製造の雀籠の中の「詠唱の鳥」は、ほぼこれで本物の“哈で」。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: ZENITHで、大胆なアイデアは、機械式時計の精確と美の感じが融合
次ページ: GPは「Oracle - BMW」船団、デザインの精密腕時計