ホーム >>現場実録:ウブロタブ工場に入って
現場実録:ウブロタブ工場に入って

ウブロ時計工場に入って玄関ホール内に展示が融合した各国のメッセージの芸術品や、宇汽船表キャラの「円卓」。

2009年10月、敷地6000平方メートルの宇佐見は新たなハイテク製表工場の落成をし、投入。

ウブロ時計工場フロントスタッフ。

ウブロ時計工場に入って玄関ホール内に展示が融合した各国のメッセージの芸術品や、ウブロ時計型の“円卓」。

ウブロスーパーコピー工場合計4階で、層主要制作ムーブメント部品を含め、カット真鍮、魔力金切断工場など二階はムーブメントのバフ磨きと;四階は部品組立工場や、高複雑タブスタジオ。

ウブロ時計は魔力金以外、ほとんど腕時計のムーブメント添え木も黄銅製で、真鍮の原料にまでさんメートルを経て、ひとつの機械を真鍮のスライスになって、そして磨きルール円形。



前ページ: 入っドイツ腕時計宝石:Wempeハンブルク本部
次ページ: 上海の牌時計、誕生60年来の物語