ホーム >>故宮の专馆、展示清宮古い蔵時計
故宮の专馆、展示清宮古い蔵時計

中国の第1陣として世界遺産に登録された文化遺産、故宮博物館で行われた多彩な活動一般知識普及の文化遺産、広報文化遺産保護の一人一人に責任がある。

今年の遺産は応答日「文化遺産と一帯が道"の活動のスローガン、故宮の組み合わせで開かれている「紫禁城と海のシルクロード」と時計二つの展示館、ボランティア資源利用キャンペーン展開のテーマ。「紫禁城と海のシルクロード」展に出展され各種文化財精品140枚を含め、陶磁器、絵画、図書、玉器、金銀器、エナメル器、時計、科学機器、武備、家具などの部類。これは故宮初めて利用所蔵の文物開催反映海のシルクロードの大型展覧展示文物、源于明、清代貢を往来の贈り物、外国人宣教師のお土産、臣属の献上すると、当然、宮廷調達注文は宮廷や地方作坊模造の舶来の作など集中的に反映して、明、清王朝は外部の世界との交流と相互作用。

故宮博物館所蔵の時計機器2800余点セットで、今回の中からオーディションひゃく件以上奉先殿で開設专馆展示清宮古い蔵時計。

明末、清朝の初期の際に、中国から伝わったヨーロッパ機械時計。十八世紀から清代宮廷は機械時計が大量に使われ始めた。この時計はイギリス産、フランス、スイスなど他の西欧諸国の舶来品が我が国の自主製造。清朝宮廷紫禁城内にしても絶対時計で製造して宮中の時計。清朝の広州、蘇州などの制造の時計精品も、貢入内廷。これらの美しい時計造型、色鮮やかな、時を除いて紙タイムズが時のタイマー機能に加え、機械伝動原理を利用して搭載のおもちゃや音楽装置。多くの時計の上の飾りのような人物、鳥獣や花など芸当システムも変化し、表現の様々な動作。

また、故宮は特別招待江蘇省蘇州市語り物団に故宮博物館で公益出演。蘇州語り物、歴史は悠久で、歴史が長く。今回の演出は、著名な芸術家筆頭蘇州語り物盛小云さん、ベスト『ウグイス明月を拝む』、『白蛇伝賞中秋』、『西廂・回かの」など7曲を解説配合パフォーマンスのように、故宮の無料招待の約400人の観客を生き生きとして展示蘇州弾詞音楽の魅力!



前ページ: ゲーラ苏蒂腕時計、オリジナル演繹紳士の品格
次ページ: 知能の腕時計FERACEさん発表、価格2580元