ホーム >>バーゼル:ウブロ経典融合蒼穹陀はずみ車
バーゼル:ウブロ経典融合蒼穹陀はずみ車

今年のバーゼル時計展で、ウブロ届けた人の揺り動かすだけではなく経典の継承として発展して、そして素材の選択。锇-全世界の最も稀有な貴金属の一つで、今輝く宇輸入の経典の融合蒼穹陀のはずみ車の文字盤に。

锇は現在地球上ずっと最も希少金属の属する白金族金属の病院で、約じゅう、000トンプラチナ鉱石の中に含むだけ約28グラム锇、生産量がかなり希少。锇は自然界の中で最高の要素を持つ密度、非常に硬い素材や耐久性、そして独特の色あせない靑い光沢が、その特性は、锇シェイプアップ極めて困難で、今回は锇ウブロやって文字盤に搭載して経典融合蒼穹陀のはずみ車の腕時計に開いた表壇の火付け。

経典融合蒼穹陀のはずみ車の腕時計を搭載しHUB6017自動的に透かし彫りムーブメントを所有し、ご日のパワーリザーブ。文字盤の上部分の锇金属光沢きわめて独特の靑と腰の陀フライホイール持ち合い、ケースを採用して黒のセラミック素材を組み合わせて黒いワニ皮バンド、限定されごじゅう枚。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: シャネルの時計、ダイヤモンドの陶磁とエナメルの舞台
次ページ: 2016巴展:中国パビリオン全体のブランドイメージを形作り