ホーム >>カンタロスのストラインキング付きクロノグラフ機能
カンタロスのストラインキング付きクロノグラフ機能

引き続き、カンタロス(Kantharos)のことを記します。


前の記事ではコンスタントフォース機構について説明いたしました。

今回はもう一つの目玉であるCHRONOGRAPHE SONNERIE (ストライキング付きクロノグラフ)機能と、75石という複雑性を持つムーブメントMBA13について説明いたします。


MBA13はカンタロス専用に開発されたムーブメントです。

ベースムーブメントを持ちクロノグラフモジュールを乗せた(所謂二階建てクロノグラフ)とは違い、完全に一体化された(integrated)構造を持っています。


構造を見ていきます。

まず文字盤側です。


ストラインキング付きクロノグラフのためのカテドラルゴングとハンマーを確認することができます。

ハンマーは人間の力(クロノグラフプッシャーを押す力)で動かすことができるため、ミニッツリピーターやソヌリより大きく重いハンマーと強いバネと使うことができます。

これにより、より大きな音を鳴らすことができるようになりました。


中央にはコンスタントフォース機構がサファイヤブリッジに支えられて配置されています。

透明なサファイヤを使うことで、上下から挟んで支えることで安定化させるた状態で、機構を視覚化する要求を満たすことができます。

サファイヤは固いですが割れやすく、直接ルビーを圧入することができないため、ゴールドのシャトンを介して圧入しています。

このシャトンはケース素材の色に合わせて、ホワイトゴールドとピンクゴールドが使い分けられているようです。

サファイヤブリッジは文字盤と面一になり、ケーシングされた状態では文字盤の一部のように見えます。


スペック上は厚みが10.56mmもあり、それだけ聞くと非常に厚いムーブに思えますが、これはサファイヤブリッジが出っ張っているためのようです。

直径はゴングを含めずに31.6mm、含めると37.6mmです。



前ページ: 天覇表蒋威:一流の中国民族時計ブランドを作成する
次ページ: 実機レポート ~ザ アワーグラス ジャパン 20周年記念モデル