ホーム >>ウルベルクの本質を最もよく突いたモデルといえるのではないだろうか
ウルベルクの本質を最もよく突いたモデルといえるのではないだろうか

「UR-210」スーパーコピー時計は、スリリングなディスプレイを備えたモデルである。アワーサテライトとレトログラード式分針を組み合わせたこのディスプレイの仕組みはこうだ。分針はアワーサテライトを格納するように、同軸で120度に広がる扇状の分目盛りの上を移動しながら時刻を刻む。すると、59分を過ぎた瞬間、巨大な分針はわずか0・1秒で、時を刻むために分目盛りの0分地点に移動してきた次のアワーサテライト上に飛び移るのだ。


 アワーサテライトとレトログラード機構の軸の周りにはシリンダー型のヒゲゼンマイが配置され、これがレトログラードの動作に必要な張力を生み出す。また、分針が60の地点に達すると、特殊形状をした3本のスプリングの1本が始動し、次に時を刻むアワーサテライトが0分地点に移動する仕組みだ。また、11時位置にはユニークなインジケーターが配されている。「過去2時間の巻き上げ効率」の表示計である。



前ページ: ― 三越といえば高額品セールスですが、今年はどんな製品が売れたのでしょうか?
次ページ: 黄金律に基づいてデザインされた薄型時計 パルミジャーニ