ホーム >>私たちはどうすれば姿勢差誤差を詰められるかについて経験を積んできた
私たちはどうすれば姿勢差誤差を詰められるかについて経験を積んできた

2011年のクロノメトリーコンクールで、市販品のダブル トゥールビヨン °30は1000点中915点という得点で優勝した。6姿勢での姿勢差誤差は実に0・3秒から0・8秒以内。彼らが精度を誇るのもむべなるかな、だ。


 そして、もうひとつの特徴が、仕上げである。グルーベル フォルセイと聞けば、私たちは卓越した面取りや筋目仕上げを思い浮かべる。しかし、より重要なのは、抵抗を減らすための仕上げである。この点で、グルーベル フォルセイにかなうメーカーは存在しないだろう。


初出2015年。25°傾いたキャリッジを24秒で1回転させる「トゥールビヨン 24 セコンズ」(2007年)のムーブメントと外装を改良したモデル。文字盤は素っ気ないが、インデックスはグラン・フーエナメルの象嵌仕上げ(!)である。手巻き(Cal.GF01r)。41石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約72時間。18KRG(直径43.5mm)。3気圧防水。3364万円。2015年のジュネーブ ウォッチ グランプリで金の針賞を受賞したトゥールビヨン24セコンズ ビジョン ホワイトゴールド Ref.91005850も銀座ギャラリーに在庫する。本作の特徴である裏側に大きく飛び出たキャリッジのみをドーム型サファイアクリスタルで覆うことで、それ以外のケース厚を13.65mmに抑えた。装着感が悪くなりそうだが、腕に載せても違和感はない。理由は「腕の凹みに収まるようにドームを設計したため」(フォルセイ氏)。ケースは外部メーカーの製造だが、ムーブメント同様、卓越した仕上げを誇る。


例えば、ダブル トゥールビヨン °30。フォルセイ氏が意地の悪い表情で質問してきた。「このモデルの主ゼンマイのトルクはいくつだと思う?」。最も力の弱いプゾー7001が500g、ETA2892A2は800g。800gはあるはずと答えたところ、彼はその半分だと言う。


「摩擦こそが時計スーパーコピーのリスクだ。今の時計は精度を上げるために振動数を高めるが、私たちはそれを好まない。他社を批判しているわけではないが、私たちは摩擦を減らし、弱い力で高いパフォーマンスを出したい。香箱の回転を速くし、ホゾを丁寧に磨き、穴石にオリーベを使う理由だ」。そのためにもメカニズムは手で仕上げるのが重要、とフォルセイ氏は語る。


「今では手仕上げはほとんど残っていない。でも最高の手仕上げは、パフォーマンスを出すし、工業化された製品にはない美しさもある」。他の人間が言うと説得力はないが、ステファン・フォルセイ氏には言うだけの資格があるだろう。


 筆者が思うに、今のグルーベル フォルセイに比肩するプロダクトはひとつしかない。卓越したメカニズムとそれを支える手作業は、戦前のロールス・ロイスそのものである。ひょっとしてフォルセイ氏は、祖父がエンジニアを務めていた時代のロールス・ロイスを、腕時計で再現したいのかも知れない。戦前のロールス・ロイスは、見ようと思っても不可能だ。しかしグルーベル フォルセイは、銀座に出向けば実際に見ることができるし、その価値は間違いなくあるのだ。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: ロジェ・デュブイが先駆ける モダンスケルトンウォッチ大解剖
次ページ: スターン父子が創り上げたミニット・リピーター百花繚乱の極み