ホーム >>スターン父子が創り上げたミニット・リピーター百花繚乱の極み
スターン父子が創り上げたミニット・リピーター百花繚乱の極み

スーパーコピーパテック フィリップのカタログを見ると、

同メゾンの中でも最上位に位置するグランド・コンプリケーションに分類されるミニット・リピーターの価格欄には「時価」と記されている。

これは、ミニット・リピーターがあまりにも高額のため、為替変動の影響を大きく受けるためだ。

この例を挙げるまでもなく、買い方ひとつとっても、すべてが例外的なパテック フィリップのミニット・リピーターであるが、

その稀少なモデルが7本、1カ所に集結し、しかも、その音色を聴き比べるという、夢のようなイベントが催された。

しかも、パテック フィリップ ジャパン代表取締役CEOの長野英樹氏自らが、ミニット・リピーターを解説するという、

スペシャルプレゼンテーション付きである。

そこで、今号では、そのイベントの一端を特別に誌上でレビューする。

なぜ、パテック フィリップのミニット・リピーターが、あらゆる複雑時計の中で頂点に位置付けられるのか?

その理由がきっと理解できるだろう。



前ページ: 私たちはどうすれば姿勢差誤差を詰められるかについて経験を積んできた
次ページ: もっと斯琴特許製品や、「新型世界時計」に登場する