ホーム >>過去、現在、未来:フィリップのジュネーヴ三部作
過去、現在、未来:フィリップのジュネーヴ三部作

これに伴って亡命の職人の数が増えている(歴史上プロテスタントの発生を受けた本は文芸復興運動の影響で、教徒から来は社会地位が比較的低い手工業)、エナメル、時計本来はフランス人が得意な技も次第に盛んになってきジュネーヴ。

パテックフィリップコピーの随行員たちに紹介し、当時、新城たくさん時計職人、彼らは屋根裏に表―過去の家はエレベーターで階下に、階段を登り、しかも一旦火災が起こる、住む下層の人もしやすい脱出。

だから1階の家は最も高くて、居住するのはすべて金持ちが、最上階は最も安いです。しかしその光は十分で、比較的静かに従事することに適して時計、製造―「ロフト職人」という言葉がここにきて。

ジュネーヴの時計業界が軌道に乗りだけではなくヨーロッパ恩恵の宗教に運動して、事実上、それとジュネーヴこの町の人道主義の伝統は鳥の両翼の。十七世紀半ば以前からずっと、ジュネーヴ隣国貴族の脅威を受け、いつでも併合されるかも。交換しては他の都市が定着はもう満足、ましてや発展しヨーロッパ時計センター。ジュネーヴ現地の最も重要な祝日を登城節を記念するために、それは1602年じゅうに月じゅういち日の夜、勇敢なジュネーヴ市民たちを撃退して奇襲のカルロ·埃曼努埃莱1世の傭兵。「登城事件」もジュネーヴ独立の象徴と見なされていたが、当時多くの市民はパジャマて家の「用具」に行って迎撃侵略者の。があってこそこの不撓不屈の精神、ジュネーヴこの座「は無国籍人士と流亡者の都市」という才能は成長を続け、多くを惹かれたルソー、ボルテールのような文学家、芸術家はこれに定住。彼らの影響力を借りて、ジュネーヴの名声が急速に広がってヨーロッパ全体、数千の貴族として、また逆に時計業の成長を推進した。じゅうく世紀初めまで、ジュネーヴ新城のすべての建物の最上階に蓋をしてもためタブのロフト、また部分の職人達へ汝拉穀開発の第2の戦場。今日まで、君を見上げると、依然としてその風景に歴史の窓口に時計を感じて、都市の影響。



前ページ: 葉巻をぶつけ腕時計ブランド―ウブロと葉巻点火キング、パワー腕時計シリーズ
次ページ: ブライトリングの新発売の広告宣伝