ホーム >>アップルの時計、五年以内は業界の上り詰めとして
アップルの時計、五年以内は業界の上り詰めとして

知能の腕時計はスマートフォンないように普遍的で、しかし、ここ2年の発展をより多くの人々からこのハイテク成品、知能の腕時計の市場規模も次に拡大し、同時に、インテリジェントな腕時計ブランドの種類も増えて、消費者の選択が増え、心配している人がリンゴのApple Watchの競争力が低くなり、実は現在の知能時計産業は基本的には、Apple Watchを生かした。

市場調査機関によってCanalysが発表した最新報告によると、2016年にApple Watchのリードでスマート時計産業が750万匹の出荷量の規模。また、Canalysは予想して、2020年時計の出荷量はスマートに達し5360万匹の意味は、今後5年間でスマート腕時計の出荷量が年間成長率達成63%逆上をとる。AppleでもWatchは知能の時計産業の列車の頭。

についてはApple Watchの具体的な販売量は依然としてない謎が多く、アナリストも信じて、リンゴは今年の3月にはApple Watch運動版の価格が下落しごじゅうドル、38ミリバージョンや42ミリの価格は299ドルとそれぞれの349ドルの後、販売量が大幅に向上。また、噂によると用意し外部の期待のApple Watchには今年きゅう、く月に発売のようになるか、皆さんの期待通り。



前ページ: ASUSTeKのZenWatch3知能時計眩しい登場
次ページ: 知能の腕時計を「車の鍵にして」