ホーム >>パッカードは知能時計、安全リスクを存在する
パッカードは知能時計、安全リスクを存在する

外国メディアの報道によるとTechWeek、HPの一つの最新研究し発見して、いったんヒットの知能時計存在重大な安全リスクにつながる可能性は、ユーザーデータやプライバシー漏れ。そしてがはち月21日に行われたHackPWNでは、安全な専門家たちはデモンストレーション様々な知能時計などのスマートデバイスの解読。

報道によると、HPの安全アプリケーションプロバイダーFortifyの研究し発見して、多数の最も流行の服装に重大な欠陥が存在する安全装置。Fortifyテストじゅう金設備発見後、100 %の設備も「重大な脆弱性が存在して」。

これらの抜け穴を含む欠乏適切なライセンスや検証条項、例えば弱いパスワード政策、不足口座封鎖等によりユーザーアカウントは盗まれて。70%のテストの設備に乏しいファームウェア更新の保護、例えば暗号化しない存在しない更新ファイル暗号化の情況の下で伝送ファームウェア更新。また3項はクラウドネットワークインターフェイスの機器のパスワードやデータを盗まれたリスクがある。

また、個人データ安全も大きな問題になって。 ガガミラノスーパーコピー知能の腕時計が要求APPユーザー獲得の名前、住所、生年月日、体重、性別、ときめきの頻度及びその他の健康情報。これらの問題はパスワードを解読させて簡単にする。

HackPWN組織委員会のセキュリティ専門家によると、知能時計などの新興の服装類設備が人々の日常生活の結合はますます緊密で、取得する個人情報やプライバシーデータが多い。これらの設備は存在のセキュリティ・ホールを不法分子利用されれば、ユーザーは大きな安全リスク。

HackPWNからもう公募の知能設備抜け穴を見ると、現在の市場の上で流行の知能の設備の存在のセキュリティ・ホールの割合が非常に高い。注意刘健皓スマート機器メーカーの製品設計時に安全設計システムを大切にすべきだ。



前ページ: 大清の時計購買発展史
次ページ: インテル知能時計Titanium正式発売