ホーム >>日本の時計工場、強力に高価な腕時計市場を発展させて
日本の時計工場、強力に高価な腕時計市場を発展させて

日本の腕時計メーカーは高価な製品分野で販売攻勢を開始している。カシオコンピュータを主力工場の高級製品生産能力向上70%;セイコー腕時計(Seiko Watch)計画2015年度にはにじゅう万円以上の高級商品の販売量は30%アップし、ヨーロッパ起動設計基地。円安の影響を受け、「ロレックス」などスイス腕時計企業が相次いで日本の値上げ、日本市場での価格はじゅう万~さんじゅう万円の腕時計はますます少なく。日本メーカーは宣伝時計技術力に惹かれ、日本国内の三、四十歳の男性客や訪日観光客の需要。

カシオコンピュータは主力高級腕時計工場を増設カシオヤマガタ工場の生産ラインは、高級腕時計製品の組立能力向上の70%は毎月いち万元。2015年度計画(じゅうろく年までさん月)ムーブメント価格はろく万円以上の製品の生産能力を倍増。

カシオじゅう月下旬ではにじゅう万円(10313円)程度の腕時計の新型「OCEANUS」は、これまでのハイエンド製品の価格より高いよんしよ万円。発売後1ヶ月の売上高は以前最高端項2倍、販売好調。

セイコーは2015年度には20万円以上の腕時計の売上高は前年度比30 %アップする計画だ。増加を主ににじゅう万円ぐらいの高級ブランド「ASTRON」と「GRAND SEIKO」の生産能力。GRAND SEIKO面に投入する予定で、価格さんじゅう万~ごじゅう万円の間の限定モデル腕時計。また、結婚式の拡充など、腕時計なども拡充する。ASTRONについては、増加の商品デザイン感に富む。



前ページ: 実は1940年、私たちはスマートに時計があります
次ページ: わずか5.4%のiPhoneのユーザーは、りんごを買って腕時計