メンテナンステクニック紹介、バンドのどの保養
ホーム >>メンテナンステクニック紹介、バンドのどの保養
メンテナンステクニック紹介、バンドのどの保養

バンドは素材の中に、一般的に、ベルト、間帯鋼帯鋼とkバンド。

バンドは最も容易汚職の位置で、バンドは、間鋼帯とバンドをk、汗による皮膚のかゆみ腐食されて。だから日常注意洗浄、歯ブラシをつけて淡い歯磨きや軟毛洗剤ブラシに軽くなってバンドや継ぎ目を水で洗い流し、その後、布を拭いた後に利用できるヘアドライヤーはバンドを乾かす。ウブロコピー時計の取水を避けるように注意する。

3ヶ月ごとに広誠治の九大修理サービスセンターで無料クリーニング。また、バンドで覆われた傷が、そんなようなケースで磨くや針金のメンテナンス、バンドをニュースキン平滑。

皮質バンドのメンテナンスは、できるだけ濡れていることを避けて。夏は汗が多くなりますので、早めにバンドを取りにきて。皮質バンドができる酸臭い時は、軟毛歯ブラシが急速に洗う石鹸淡い香りが汚れて、急速に水で洗い流して、採「握る置く」の方法は石鹸の泡摘まみ出す過程ができ、じゅうご秒以内に完成し、また自然を陰干し方式やドライヤーを使うじゅうごセンチ先(皮質離れないようにバンド焦げ変形)乾燥。

また、長期使用は長期使用されているバンド、この革バンドの使用寿命が延長されている。



前ページ: Ikebukuro図解、2014GPHGベスト職人の腕時計
次ページ: スーパーコピー腕時計のムーブメントはどのように保養するのです