ホーム >>オバマは庶民の時計、進駐中国に進駐
オバマは庶民の時計、進駐中国に進駐

2007年アメリカ特勤局の同僚に贈るオバマひとつGray6500時計Jorg誕生日プレゼントにつれてオバマ氏は大統領再選二回、この時計が出席した一連の重大な国事活動:講演の報告、大統領令に署名し、国事訪問なども、この大統領表の津々浦々に知れ渡っている。


それは中国進出に従って、再びを巻き起こしたオバマ腕時計の風潮は、全ブラック文字盤に合わせて黒い本革バンド、大気落ち着いて。更に重要なのは、大物の腕時計は千元価格さんとみなされ、消費の庶民の大物。



前ページ: ハイエンドの製表のプロセスの極まっ追求:透かし腕時計
次ページ: 日本の時計、世界時計史上の独立した存在