ホーム >>「ジャケ・ドロー」雄鶏をモチーフにした、新年にふさわしい4モデル
「ジャケ・ドロー」雄鶏をモチーフにした、新年にふさわしい4モデル

スイス高級機械式時計ブランド「ジャケ・ドロー(JAQUET DROZ)」は、十二支の10番目にあたる酉丁(ひのととり)の中国春節を機に、今年の干支にちなんだ4つの新モデルを発表した。


 公徳、好戦的な風采、勇気、防衛感覚、さらには夜明けを告げるといった、ポジティブな能力を体現する“雄鶏”をモチーフに、ブランドを象徴するモデルのひとつである「プティ・ウール ミニット」をベースに作られた「プティ・ウール ミニット ルースター」と「プティ・ウール ミニット レリーフ ルースター」の2モデルを、それぞれ2アイテム展開する。


「プティ・ウール ミニット ルースター」は、直径39mmのレッドゴールドケースと直径35mmのダイヤモンドをあしらったケースを採用。手作業による彫刻が施されたローターの裏には、高温焼成のエナメル文字盤上に春の訪れを表現するシャクヤクと雄鶏が水彩画のようなタッチで描かれている。ダイアルの左側には、若さ、高潔、逆境への耐性を象徴する竹を配置。新年にふさわしいモチーフを繊細に描いた。


「プティ・ウール ミニット レリーフ ルースター」は、ボリュームのあるレッドゴールドに、手作業で彫刻を施し翡翠と、ホワイト マザー オブ パールのメルケトリーのダイアルを組み合わせたラグジュアリーなモデル。


 ブランドコピー時計世界限定8本のホワイトゴールドバージョンでは、山の立体感やシャクヤクの花びらの可憐さが、巧みな彫刻技術により見事に表現されている。雄鶏の羽の虹色の輝きがダイヤモンドのきらめきに呼応し、希望に満ちた新年に相応しい輝きを放つ。



前ページ: 「ウブロ」表参道ヒルズにポップアップ、日本限定モデル先行発売
次ページ: 「ヴァシュロン・コンスタンタン」プレSIHHモデル新作2型