ホーム >>「スピードマスター」ファンに捧ぐ限定ウオッチ“スピーディ チューズデー”
「スピードマスター」ファンに捧ぐ限定ウオッチ“スピーディ チューズデー”

時計ファンであれば、一度は目にしたことがあるはずのハッシュタグ「#SpeedyTuesday(スピーディ チューズデー)」。人気腕時計専門サイト「フラテッロ・ウオッチズ(Fratello Watches)」創設者のロバート=ジャン・ブロア(Robert-Jan Broer)氏が2012年に考案し、今では毎週火曜日に「オメガ(OMEGA)」スピードマスターの愛好家たちがこぞって愛用モデルの写真やコメントをSNS上に投稿している。


 そんなファンの愛に溢れたハッシュタグの誕生5周年を記念し、「オメガ」からスピードマスターのデザイン特性を融合させた限定モデル「スピードマスター “スピーディ チューズデー” リミテッドエディション」が登場した。


 デザインのベースとなったのは、1978 年にアメリカ航空宇宙局(NASA)用に作られた「スピードマスター “アラスカ プロジェクト Ⅲ” モデル」。マットなブラッシュ仕上げのステンレススティール製ケースと、大きめの数字を放射状に配置した“ラディアル サブダイアル”を再現した。さらに、ダイアルのデザインには1966 年に初登場した「逆パンダ」ダイアルを採用し、ダイアル上にはヴィンテージのオメガロゴを配した。


 さらに、ヴィンテージのバックル、ステッチを効かせたヴィンテージ カットのブラウン レザーストラップなど、クラシカルなスピードマスターならではの要素が満載。ムーブメントは、スピードマスター ムーンウォッチで使用したキャリバー1861 を採用し、ねじ込み式ケースバックにはスピードマスターの象徴であるシーホースのエンブレムと「SPEEDY TUESDAY ANNIVERSARY - A TRIBUTE TO ALASKA PROJECT Ⅲ」の文字と、スーパーコピー時計限定番号を刻印した。


 また、ループ部分に「#SpeedyTuesday」と刻印されたブラック&ホワイトの NATO ストラップと、ストラップ交換ツールが、レザー製のスペシャルロールケースとともに付属する。


 ハッシュタグが誕生した2012年にちなみ、世界限定 2012 本。「オメガ」公式サイトの専用予約ページから予約を受け付け、2017 年夏に日本に入荷後、銀座、梅田、心斎橋の各オメガ ブティックで受け渡す。



前ページ: 「ヴァシュロン・コンスタンタン」プレSIHHモデル新作2型
次ページ: ペキニーズが愛しいジャケ・ドローの戌年記念モデル