ホーム >>25周年を祝うオーデマ ピゲ/ロイヤル オーク オフショアの三部作
25周年を祝うオーデマ ピゲ/ロイヤル オーク オフショアの三部作

 1993年に発表され、今やオーデマ ピゲのアイコンとなったスーパーコピー「ロイヤル オーク」。その25周年にあたる、2018年にオーデマ ピゲは3つの新作を加える。それがオリジナルの「ロイヤル オーク オフショア・オートマティック・クロノグラフ」の復刻版と、コンテンポラリーなダイヤルデザインを用いた全く新しい「ロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフ」の2モデルだ。


 オフショアの計画が始まったのは1989年のこと。ロイヤル オークを若者向けにリデザインするというアイデアを出したのは、当時同社でCEOを務めていたスティーブ・ウルクハートだった。彼は弱冠22歳のデザイナーであるエマニュアル・ギュエをデザイナーに抜擢し、ロイヤル オークのリデザインを行わせた。86年にオーデマ ピゲに入社した彼にとって、事実上これは初の作品となった。以降の大成功は言うまでもない。様々なバリエーションを加えたオフショアは、オーデマ ピゲ躍進の原動力となった。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: スーパーコピー激変、2018年のSIHHとバーゼルワールド
次ページ: ジェローム・ランベール、リシュモン グループのCOOに就任