ホーム >>ブティック先行発売、パネライ初のグリーンダイヤル
ブティック先行発売、パネライ初のグリーンダイヤル

パネライ初のグリーンダイヤルで、3つの新しいモデルが発表された。ケースはパネライの歴史的なケースである、ラジオミール、ラジオミール1940、そしてルミノール1950。それぞれ異なる機能を備えるこれらのモデルは、強くて深いダークグリーンに映える夜光ベージュのアワーマーカーと、金メッキ加工された針がフィーチャーされている。頑強なストラップはOPロゴが刻印され、ベージュのステッチが施された、ブラウンのナチュラルレザー製だ。


「ラジオミール エイトデイズ チタニオ - 45mm 」

ワイヤーループと円錐形のリュウズを備えたクッションケースは、1936年にパネライ史上初めて製作された腕時計の特徴をそのまま受け継いでいる。秒針のゼロリセット機能と、分針の動きに干渉することなく時針を前後に動かすクイックアワーチェンジ機能を搭載。手巻き。Tiケース(直径45mm)。192時間パワーリザーブ(3バレル)。ケースバックにパワーリザーブ表示。100m防水。1,280,000円(税別)。


「ラジオミール1940 スリーデイズ アッチャイオ - 47mm」

ステンレススティールの塊から一体成型されたラグに、OPロゴがレリーフされた円筒形のリュウズが特徴。ケース径はイタリア海軍特殊潜水部隊のために特別に製作されていた時計と同様に、パネライの歴史的なサイズ、47mmである。サファイアクリスタルは若干かまぼこ形になっており、文字盤は、グリーンのサンドイッチダイヤルと夜光ベージュのスーパールミノヴァ®

の組み合わせ。手巻き。SSケース(直径47mm)。72時間パワーリザーブ。100m防水。950,000円(税別)。



前ページ: パネライ 薄型モデル発売1周年イベントが伊勢丹新宿本店で開催
次ページ: 「クロノオフショア1」パイソンストラップ装着モデルが先行販売中