ホーム >>名を冠するブレゲ針とブレゲ数字で表現される文字盤
名を冠するブレゲ針とブレゲ数字で表現される文字盤

そんなブレゲの新作は、そのブランド名にふさわしく、途轍もない技術力を、ミニマルに洗練されたデザインに落とし込んだ芸術品として我々の心を鷲掴みする静かな破壊力を持ったモデルたちだった。


最初に取り上げたいのは「クラシック 7147」だ。その名を冠するブレゲ針とスーパーコピーブレゲ数字で表現される文字盤には、800度以上の高温で焼成され、非常に取り扱いの難しいグラン・フー・エナメルを用いるばかりか、5時位置と6時位置の間に備えられたスモールセコンドをより視認しやすくするように、段差を設けているというこだわりようだ。平板で仕上げるだけでも高度な技術を要するにも関わらず、段差を設けてもそのしっとりとした柔らかな印象を保っているところは、”クラシカルな雰囲気のモデル”と数多のブランドが謳うモデル群とは異なり、ブレゲにしか出せない”本物のクラシカル”を体現している。



前ページ: 2017 バーゼルワールド 新作ブランドカタログ
次ページ: スタンリー・キューブリック監督への敬意を込めて