スタンリー・キューブリック監督への敬意を込めて
ホーム >>スタンリー・キューブリック監督への敬意を込めて
スタンリー・キューブリック監督への敬意を込めて

他方、ベンチュラから目を移すと、前述のモデル達にも勝るとも劣らないコレクションが続々と発表されている。”オマージュ”という観点から見てみると、1968年に発表された通称「逆パンダ」と呼ばれたブラックのインデックスに白のインダイヤルが印象的な「クロノグラフ B」が、「イントラマティック 68 オートクロノ」として復刻された。発売年にちなみ、1968本限定のこのモデルは当時の「逆パンダ」の趣を損なうことの無いように、ロゴも当時使用していたものに差し替えつつ、タキメータースケールや約60時間のロングパワーリザーブ機能、更には6時位置にデイデイト表示等、古今折衷の見事なバランスを保っている。


加えて、スーパーコピー腕時計ハミルトンはハリウッド映画とその製作陣やプロップマスターとの連携、彼らからの支持も強力だ。「2001年宇宙の旅」や「インターステラー」をはじめとした450以上の作品に登場してきているが、今年は上記の2作品へのオマージュとして「ODC X-03」も外せない。スタンリー・キューブリック監督への敬意を込めて、インターステラーに登場するエンデュランス号に着想を得たこのモデルのケースの形状、木星の周りを回るように設計された3つのサブダイヤル、宇宙船の窓から眺めるように時刻を見ることができるように工夫された文字盤の配列など、999本限定では即完売してしまうのではないか、と思われるほど、必見のモデルである。



前ページ: 名を冠するブレゲ針とブレゲ数字で表現される文字盤
次ページ: スイスの独立系時計ブランド 「レイモンド・ウェイル」が日本上陸