ホーム >>時計バンド、どのくらいの調整が適切ですか?
時計バンド、どのくらいの調整が適切ですか?

腕は非常に繊細で、特に女性には、短さと多くのバンドを落とす必要があり、割引をした「金属帯」(ホタバレ)に対して、左右対称の問題を考える必要がある。また、殻帯の連体の金属表と、いくつかの比較的な「板」の表帯(例えば、全体の陶磁器)が短くなると曲率が大きく、表の表面を折り裂くことができますし、バンドの長さの大きさが比較的大きいので、短後に持っていくのはみっともないという人は、なるべく皮質とゴムの表帯を選ぶべきです ブレゲスーパーコピー時計。

手首が非常に太く、帯をつけて持っている人もいるかもしれませんが、基本的な原則は左右対称になり、閉合後のバンド割引を中心にしています。

面倒なのは、手首が太くても、きりが大きい人で、適当な長さを見つけにくくなり、腕時計は腕の上では住みにくいので、上下に緩めてしまいます。このような人は、薄型とベルトの腕時計に適しています。



前ページ: 黒はこの腕時計が格別に収まる特質
次ページ: 愛人の女装腕時計、無私の母親に!