ホーム >>スマート腕時計、斬新だが技術が成熟している
スマート腕時計、斬新だが技術が成熟している

この点からインテリジェント時計機能の使用頻度の統計データによるとTicwear統計手がかりとして、人々に使って知能の腕時計のシーンは、ダイヤル交換このありふれた個性的な操作のほか調べ、天気が67.5%、プッシュ通知が50%、に、さんが2位。

「スマート腕時計のもう一つの大きな特徴は、自分が大量にと人体の機能、健康に関するセンサーなど、心拍センサ、体温計、歩数計など、人より直感的に理解して体の状況。この点に広く使われてスポーツ健康分野で、これもスマート時計やその作用の場所の一つ。」Ticwear創設者、CEO李志飞。

腕時計は知能のこれらの美点、李志飞も言及して、現在、知能の腕時計の発展は非常に速いが、多くの問題が存在している。これらの問題の最も根本的な原因と知能、腕時計の体積について。

「ハードにとっては、一枚の知能時計構成に必要な300個の部品を含め、CPU、通信モジュール、ワイヤレス充電、電池、なども入れて時計の大きさの空間の中で、それは、まずとても大きい挑戦。」李志飞とは、「この挑戦に加えて、知能の腕時計の部品生産プロセス、SCMなどはとても熟しないで、更に完備。」

また、ソフトウェアから上がってきて見て、李志飞表示、知能の腕時計の体積を決定しを一枚しかない小さな画面で、こんな小さな空間にどのように操作を設計するユーザーを実現し、真新しいインタラクティブ。



前ページ: 店長紹介、アンティーク時計のコレクション
次ページ: 梅の腕時計は、本場のスイスブランド