ホーム >>北極星「福の鐘」限定の秘蔵の時計
北極星「福の鐘」限定の秘蔵の時計

シンセン時計展1号館1 A 09 - 1 A 18北極星ブースでは、独特のひょうたん型の景勝が多くの来場者を引きつけました。スタッフの紹介で、百年の誕生日を記念して、北極星がわざわざ設計して開発した「福の鐘」の限定版の記念鐘です。

“福の鐘の鐘”の外側はひょうたん型を器型にして、景徳藍の工芸を採用して、また銅の胎の糸のエナメルを使って、全体の過程は生産を経て、糸を摘み取って、溶接をして、少し青、青、磨き光と金めっきなどの30種類の精密で複雑な工芸を経ています。このひょうたんの外側の絹糸の線の線は滑らかで、少し青に潤いがあるのは細かくて、しかも1件はすべて景徳藍の代表的な伝承の人時計の連盛者の手で作って作ったのです。

「福の鐘」は、ひょうたん、葉、花、そして舞うコウモリを身につけます。緑の葉の引き立ての下で、1匹の小さい瓢箪の手を引いて、その間にかけて、ずば抜けています。ひょうたんの花は鮮やかに鮮やかで、赤いコウモリが流れている中で、生き生きとした生き生きとした光景です。スーパーコピー時計の内部では、北極星の最新自主開発設計の機械18音の機軸を採用し、時計の時計、音楽演奏、動感人形などの複数の機能を組み合わせた。発条式の動力源を使って、8日以上歩くことができます。細い馬の遊線機関を採用して縦のスピードを捕まるシステムを採用して、カウントダウンの安定性を増加して、その速度をもっと高くする。

時には、音楽は、ドラム式のカム弾性18音奏楽機構を採用し、中国の十大古曲の一つ「高山流水」を演奏する。更にすばらしいのは、この製品は交換することができる人形の機能を増加して、全体の時に楽曲を演奏するたびに、機軸の上の人形機構に位置することを始めて、ホームステイは音楽の伴奏の下で、拱手で拝む、誠実で十分である。



前ページ: 訪問する、スイスの独立制表ブランド、Alpsolute
次ページ: 素朴な贅沢、深圳展の麦わらの腕時計