ホーム >>孔氏、「水墨丹青」陶磁器のエナメル時計を展示
孔氏、「水墨丹青」陶磁器のエナメル時計を展示

2014年1月6日午後、北京市政協文化センター、北京商新聞社が主催する「水墨丹青——孫朝武、張志国、孫ペジャー書画作品展」の開幕式が北京新聞ビルホテルで盛大に行われた。孫明ビン、張志国、孫サージャーの3人の書画家は、近年、首都書画界の実力派書画家で、近年、丹念に創作した水墨の花、山水、書道作品が展示される。

このほか、中国初の個人カスタマイズエナメルブランドのkoncise孔氏が、中国の有名な書画家の張志国さんと提携している2つの陶磁器のエナメル表も今回の開幕式で初登場する。

中国の伝統的な文化と完璧な工芸の孔氏のエナメルを受け継ぎ、張志国さんの2枚の有名な書画作品「金糸荷」と『空山新後』を選んで、古代の子を使ってエナメルの工芸を描いて、張志国さんの書画に空霊、自然な光景を表盤に描いて、さらにその深い、静かな芸術世界を現す。また、エナメル腕時計の内包をさらに豊かにし、中国の時計と現代の書画芸能の完璧な融合である。



前ページ: 中興の知能時計、低調の上線
次ページ: 中国は最も希望の時計市場である