ホーム >>エマスト2四半期、時計の収入が暴落した
エマスト2四半期、時計の収入が暴落した

主要市場の日本、アメリカの需要の低下と国際為替レートの不利な影響を受けて、エマサ国際2四半期の売上は1四半期に大幅に緩和されました。このうち、 フランクミュラーコピー時計は固定為替レートで12 %下落した。

エマサ国際は、6月30日までの2四半期時点で5.8 %の売り上げを記録していたが、1四半期の10.1 %と前年同期の10.3 %を下回っている。為替変動による7 , 300万ユーロの損失(1四半期の関連損失は4 , 000万ユーロ)、第2四半期の収入は9.6 %で、販売総額は前年同期の9.104億ユーロから9.634億ユーロになり、市場予想の9.71億ユーロには及ばない。日本では4月1日に消費税が上昇したことによって、愛馬仕国際業務に対して明らかな打撃があり、固定為替レートで計算したところ、現地販売の伸びは1四半期の21.7 %から1.6 %に大幅に縮小しました。近年暖かくなったアメリカ州市場の売上高も7.9 %減の1四半期に17.9 %に増えた。アジア太平洋地域の販売は前年比16.8 %上昇し、ヨーロッパは6 %増だった。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: Cartierスーパーコピー腕時計、ケイト妃の一番の愛
次ページ: 3D印刷技術、NOOKA、新シリーズの腕時計を発売