オメガ腕時計、伝奇的な「同軸捕り機構」
ホーム >>オメガ腕時計、伝奇的な「同軸捕り機構」
オメガ腕時計、伝奇的な「同軸捕り機構」

オメガは、「同軸捕り機構」という技術を採用することを決定した時、彼らはどのように自分の機軸の中に配置するかを考えて、さらにそれをどのようにして量産の要求を満足させることができるようにすることができる。最終的にオメガの製表師は、ジョージ・タンカーの「同軸捕り機構」のオリジナルを徹底的に改造し、その中の部品ごとにレイアウトを再設計した。改良された「同軸捕り機構」とは、オリジナルと比較して目が見えないが、オリジナルの精髄はまだある。

オメガスーパーコピー2500

1999年、オメガは第1項の「同軸捕り機構」を適用した2500機のコアを発売した。この技術を手に入れたのだが、「同軸捕り機構」にとって、マイルストーンの意味がある。



前ページ: 中興axon watchスマート時計、店長が公開
次ページ: ブラックベリーの知能時計、世の中を再現する