ホーム >>すばらしい日本の時計、勉強に値する
すばらしい日本の時計、勉強に値する

1970年代、日本の石英のコピー時計の出現はほとんどスイスの伝統的な時計業の命脈を揺さぶった。しかし、日本の時計は時計界で一席を占めるのは、石英表だけではない。日本製表業はハイテク嗅覚に敏感で、エネルギー利用技術を重視し、大胆なイノベーション――太陽光、電波、GPSからスマートシステムまで、それぞれのような強力な科学技術技術は日本の時計ブランドの制勝法宝である。

伝統的な機械的な時計の歴史は悠久であるが、人文価値の含有量は高いが、伝統的な機械的な機軸は金属の熱膨張や磁場などの影響を受けている。「一刻を争う」時代に入ると、石英の時計が誕生し、誤差は1日1秒以内に制御され、「精確」という言葉は厳密には機械表には属さない。

1967年、スイスのナサテアの時計実験室で、石英腕時計のボラベラ21が開発された。スイス人の厳格な行動スタイルの使い道かもしれないが、このような新式の機軸は長い時間のテストや論証を経て、腕時計を作るために使われていない。

同年、日本の西鉄城(Citizen)は初のクルマの民用電子石英時計を発売した。1969年、同じく日本からの時計ブランドの精工(セイコ)がAstonという石英の腕時計を発表し、時計界では世界初の電子石英の腕時計とされ、研究から10年になる。1960年代末から、精工、西鉄城など日本の時計ブランドが主導した石英表の風潮が世界を席巻した。このデザインが斬新で安定した石英表を選ぶ消費者が増えているが、時計業の仕組みはすっかり変わってきた。ヨーロッパの多くの伝統的な時計ブランドは対応していない。多くの製表師が失業した。制表業にとって、ここ数十年の風潮が続いており、その迫力は今日の知能時計革命に劣らない。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: Piaget 、XL天文大月にエナメル腕時計
次ページ: 良いバンドはしっかりしていて、バンドを持っています!