ホーム >>孔氏のエナメル腕時計、工芸は「中国風」
孔氏のエナメル腕時計、工芸は「中国風」

トップエナメル工芸で最強の中国風

孔氏のエナメルは中国の優れた伝統文化を霊感の源にしている。一つ一つの腕時計が仏陀を置くのは、伝説の一節だ。このため、孔氏のエナメルは腕時計を媒体とし、エナメル工芸を媒介として、中国の伝統文化を探す知音人である。2015バーゼル展では、孔氏エナメルがエナメル工芸で作った腕時計をいくつか出した。エナメルは、すべてのエナメル表で工芸の制作が難易度、最も複雑なシリーズです。まず直径数センチの表盤の上で、わずか0.04ミリの厚さの24 Kの金糸で図案を取り出し、溶接、点青、焼制、磨きなどの三十の工程を経て完成する。そして、表盤の完成品率は30 %未満で、期間中に小さなステップがあっただけで問題が発生していると、表盤の廃絶につながるので、もう一度やり直すしかない。

2015年の孔氏のエナメル腕時計は「三陽開タイ」で、三羽の生き生きとした純白な羊は、異なる姿勢で黒い表盤の上に立って、羊の年の吉祥如意、「三陽開タイ」を意味する。

ひょうたんは中華民族の最も原始的なマスコットの1つで、人々は常に入り口にかけて、邪気を避けること、宝を募集することがよくあります。このひょうたんの時計の設計は十分にその喜気の穏やかな美感を体現して、ひょうたんの周囲は天然のダイヤモンドの密集を採用していることを採用して、さらにひょうたんの「招宝」「集まる」の象徴で、五福を意味します門に向かう。



前ページ: 硬直な男腕時計、ご存知ですか?
次ページ: ETA機のコアは、一体良いのは悪いのですか?