ホーム >>オリス 近未来のビークルのための複雑スーパーコピー腕時計
オリス 近未来のビークルのための複雑スーパーコピー腕時計

1970年に発表されたのが、モータースポーツを意識したクロノリスでした。初代のクロノリスはオリス初のクロノグラフとして発表されましたが、2017年に発表されたモデルは経過時間の測定をリューズ(4時位置)によって操作できるインナーリングで行います。機能としては逆回転防止ベゼルと同じであり、ダイバーズウォッチにこのインナーリングを取り入れているブランドはありますが、あえてモータースポーツのコンセプトの時計に取り入れたのはオリスらしいと言えます。


過去にファーブル・ルーバやレビュートーメンから同様のアネロイド気圧計を搭載した機械式スーパーコピー時計が発表されましたが、いずれも手巻きムーブメントであり、この時計は自動巻ムーブメントとアネロイド気圧計という非常に珍しい組み合わせを有します。高度測定においては、過去に発売されたレビュートーメンの時計同様、リューズ(4時位置)を引き、時計内部に空気を取りこみます。時計内部のアネロイドカプセルが気圧変化により収縮・膨張し、高度へと変換する仕組みです。


気圧と高度は連動しているという性質上、初期高度設定は現在の高度情報、もしくはオフィシャルのユーザーマニュアルによると管制塔から提供される気圧情報からも行うことができると書かれています。アネロイド気圧計が気圧を高度表示に変換するという特性上、与圧室のある航空機での使用はできません。このモデルは、与圧室のない小型飛行機のパイロット向けに作られた時計と考えるべきであり、4,500mという高度の計測可能範囲も、小型飛行機の飛行高度に合わせたものと思われます。



日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: 高級ウオッチブランド<クレドール>より 人気デザインシリーズ
次ページ: デテント天文台クロノメーター(仮) 最小限の装飾と無銘の魅力