ホーム >>デテント天文台クロノメーター(仮) 最小限の装飾と無銘の魅力
デテント天文台クロノメーター(仮) 最小限の装飾と無銘の魅力

デテント天文台クロノメーター(仮)、出会った時に最初に惹かれたのは言うまでもなく、最小限の装飾しか施していないレーシングマシンを彷彿とさせる"機能美"ともいえるムーブメントでした。


歯車の磨き上げなど機械的な抵抗を減らすために必要な加工はキッチリ行いながらも、ムーブメント全体としては最小限に見える一番の理由はコート・ド・ジュネーブやペルラージュなど全体に均一な装飾が施されていないためでしょう。


つまり、コート・ド・ジュネーブやペルラージュは"いかにも"過ぎて、"わざとらしい"と感じてしまい、嫌っているというめんどくさい個人的嗜好に合致したためということです。

ムーブメント素材は(おそらく)無垢の真鍮、加工後の寸法精度を最優先するためかメッキも行われていません。



前ページ: オリス 近未来のビークルのための複雑スーパーコピー腕時計
次ページ: 波の戦火の勇士シリーズNM 2088 - S 2 J - BKWH腕時計