ホーム >>新進気鋭の独立系ウォッチ・ブランドへと変貌していく物語
新進気鋭の独立系ウォッチ・ブランドへと変貌していく物語

これは、Claude Greislerと彼のチームによる2年半にも及ぶ研究開発の頂点であり、Armin Stromウォッチのより高い精度を目指すもうひとつのステップともなりました。 


少数チームによる小さなブランドですが、Armin Stromは独立系ブランドであることを誇りとしています。自社開発ムーブメントというのが、それを示す明白な例ですが、時計愛好家であれば、ムーブメントのコンポーネントの色や、わずかにオフセンターにセットされた時分針などを含む、個々のエレメントをカスタマイズすることをお望みになるでしょう。それが実現できるのはArmin Stromが、設計から製造にいたるまで完全にコントロールできるブランドであるからです。





前ページ: 時計コピー同コースで「オメガ セレブリティ マスターズ」を開催
次ページ: デテント天文台クロノメーター(仮) 時計師目線でのお話