ホーム >>レーザー時計、マッチに火をつける
レーザー時計、マッチに火をつける

表面的にはこのレーザー時計は一般の電子スーパーコピー時計と無異で、正面には時間を表示するための電子ディスプレイがありますが、1つの特殊なボタンを押すと、1500ミリのレーザービームを出すことができます。

スマートフォンはもう珍しいですが、レーザー時計を聞いたことがありますか。最近ドイツから来たレーザーファンPatrick Prick Pricbeは、レーザーを発射できる腕時計を発明したが、その前にはレーザー銃やレーザー手袋などの様々なレーザー機器が作られた。

表面的にはこのレーザー時計は一般の電子時計と違っていて、正面には時間を表示するための電子ディスプレイがありますが、1つの特殊なボタンを押したときに、1500ミリのレーザービームを出すことができて、強度が瞬時に風船に火をつけてマッチを燃やすことができます。

レーザーの束はまだ金属を貫いてはいけないが、危険なものだ。聞くところによると、Patrick Pricbeはすでに彼のレーザー時計を300ドルに定価していて、現在の市場でほとんどのスマートフォンの価格がほぼ同じです。



前ページ: ロレックスのカオイ式のスピリットの腕時計:自主の一定の動き
次ページ: 新デザイン、ブルガリ新しいSerpenyスピンシリーズの腕時計